セフレ関係32%の男性が割り切れないと判明!!

男性の場合でセフレが作れると勝ち組と思われがちです。

ですが多くの男性の場合、こういった女性は割り切った体だけの関係と思っている人が多いと思います。果たしてそれは本当なのでしょうか?

アンケート調査によると32%の男性がセックスフレンドを抱えていてもその女性と純粋にセックスだけの関係とばっかり来ないという情報が出てきました。

 

一回だけエッチして気持ちよかったこのような割り切った関係というのは男性よりも女性の方が簡単にできるものという逆説的な展開が今上がっています。

昔はよく男性は名前を付けて保存いわゆるホルダー分け保存。

女性の場合恋愛において上書き保存というような例えが有名だったりします。

 

女性は一度恋しても新しい恋が生まれると速攻で今の彼氏を忘れることができたりします。

しかし男性の場合昔の彼女のこともずっと覚えていてもらったプレゼントや写真などを捨てきれない人も多いと思います。

 

これは恋愛の例えと言われていますがセフレ関係においても同じことが言えるのです。

 

男性の場合一回だけの H と割り切っていてもその女性に徐々に情報が出てきてしまいます。

 と割り切っていてもその女性に徐々に情報が出てきてしまいます特にあまりないし男性にとってはその効果がダイレクトに反映していて、初めてセックスする相手が風俗嬢となると何度も何度も足を通ってしまい、リピーター客になってしまうことも多いです。

 

実はセフレの関係は男性が切ない 

男性の多くはセックスをした後にその女性の裸の美しさや行為の快感を性の対象というだけの扱いではなくて相手のことが好きになってしまいます。

多くの男性はこんなような関係を続けていけるなら鋼材してもいいかななんて思ってしまう男性も多いです。

 

セフレという関係は実は割り切ってドライに楽しめると思えるのは男性ではなく女性があるということです。

 

男性がセフレは勝ち組と思われがちではありますが女性の多くはイケメンと一回だけやれてまず2回目はもうないと思う女子も多いです。

一回だけやって満足というのは実はセフレ関係を望んでいる女性に多い現象です。

 

このような状況で男性がと女性側では温度差が生じてしまいます。

女性側は1だけを楽しんでいる男性版は恋愛感情を抱いているこういったお互いの感情の差でセフレの関係が壊れているカップルも多いです。

 

男性は一件不特定多数の女性を囲っているセフレは勝ち組だと思いきや実はそうではなくメンタル的にやられてしまううつ病的な男性が誕生しがちなのです。

セフレを多く抱えているイケメンというのはメンタル的に弱っていることも多く本当に人生の勝ち組なのかと言われると疑問が生まれます。

男性側がセフレを望む理由

このようなことが生まれてしまうのでしょうかそれは男性ヨガが傷つきたくない生き物だからです。

好きだって伝えれば死ぬ話ですがそれは同時に振られる可能性も秘めています。

 

セフレという関係は男性がいくらその交際を願っていてもカップルとして彼氏彼女として使うことがなければその関係は途絶えてしまいます。

 

愛媛の関係が解消された時に傷ついているのは女性ではなく男性の方が多いというのが統計上で出ています。

 

セフレとはいえ本当は付き合いたいと思っている男性は多いのです。

セフレは負け組と思っている女性も一度本当に付き合いたいのであればその男性にその真意を聞いてみるともしかしたらセフレから格上げして芳香剤として繋がるかもしれませんよ。